親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会

ポンキッキで「たき火」という童謡を山下久美子が歌っているのを見ていて「彼女って離婚したよね」と、妻と話をしていた時に太郎(小4)が
「ひとりで子供を育てたんだね。」
そういうことやね。
「なんで離婚するのかな。」
太郎と花子(小1)が兄妹だけど喧嘩することがあるでしょう。それと同じかな。
「お父さんとお母さんが結婚する時、お父さんがお母さんの家に行って幸せにしますって言うけど、幸せにしてないじゃん。」
ガ~ン!太郎にとってこの家は幸せじゃないんだ。
って言うか母親のことが不幸に見えてるのかー。
妻は太郎と二人だけの時に「お母さん不幸なの」と打ち明けている?
私の頭の中には離婚の二文字が。
一瞬茶の間が凍りついた気がした。
へいたピーンチ!妻がおもむろに口を開きました。
「離婚した家のお父さんのことでしょう?」
...私の早とちりでした。
それより太郎の説明が悪かったんですがw
つまり、一般的な話として男性は結婚する時には女性の親に幸せにしますからと言う。
しかし離婚するということは幸せにしていないということではないのか、という問いかけなんですね。
あ~、焦った。
お父さんを焦らすとは太郎、お主も相当のワルよの。
という訳で本日小学校では持久走大会(マラソン大会と言ってるかもしれん)がありました。
そこで昨夜太郎と花子に希望順位を聞きました。
実は花子、大変な負けず嫌いで今年の5月にあったS&B食品主催の「ちびっ子健康マラソン大会」に出場した際1位になれなかったと悔し泣きをしました。
そんなに泣くのなら練習しとけばよかったのにと言ってやりました。
私は相手が子どもであろうとこういうところは容赦しません。
それでは今回練習してたかというとさにあらず。
負けず嫌い+練習嫌いなんです。
あ、本人の名誉の為に書きますが、授業中にあるマラソンの練習はしていました。
その時には4~5位あたりだったようです。
そういうこともあり花子の希望順位は2位です。
「2位になれる」と言った時には「なんでそう思うの?しかもなんで1位じゃないの?」と聞いてみました。
とにかく1位の子は速いんだと言う。
「私とおんなじ走り方をしているのに私より速いの」
そりゃおんなじ走り方じゃないんじゃないか?
だから家でも練習しようって言ったじゃん。
「ん~.........。」やっぱり練習は嫌いなようです。
さて、太郎のほうですが希望順位は24位以内。
「今日(つまり昨日)の練習で25位だった」からだそうです。
実際の結果は花子が3位で太郎は41位でした。
今日はご馳走が待っているはずです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

>太郎くん
スルドイ指摘ですねー。でもそれがへいたさんのことじゃなくてよかったですね(^m^)
マラソン大会の季節ですね。でもうちの子の学校にはマラソン大会ないんですよ。街なかだから走れないとか、そういう環境でもないんですが・・・。花子ちゃんは運動得意なのでしょうか。3位ってスゴイですね。太郎くんもがんばったでしょうね。(^^)

  • 2006/12/14(木) 08:28:54 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

私じゃなくてほんと良かったです(笑)
(いや、笑い事じゃないから)
ヘ~、マラソン大会ないんですか。
冬場にこそ体を鍛えたいですよね。

  • 2006/12/14(木) 18:16:48 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

ウケる (笑)

太郎君のツッコミ 思わず笑ってしまいました。
面白い!!
そういえば「マラソン」って凄いなぁ
うちもマラソン大会は無いですねぇ

  • 2006/12/14(木) 19:11:11 |
  • URL |
  • 酔いどれ天使 #UGbc5GmY
  • [ 編集 ]

天使さん

笑い事じゃないっすよ。
本気でヤバかったんです。
マラソン大会ないんですか。
へ~
今はしない方向に行ってるんですかね。

  • 2006/12/15(金) 17:59:20 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/111-5d6ba98f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。