親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れたはずの過去《完結編》

今回の記事は2回シリーズの後編です。
前編は忘れたはずの過去をご覧下さい。 【“忘れたはずの過去《完結編》”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

無力の半日

私には長く感じられた数分の後に担当の小児科の先生がエコーの検査室の中から出てきました。
茶封筒から取り出したMRIの画像を見せながら小児科医は私にこう告げました「手術は1~2時間後、準備が整いしだい行います」。

予兆が現れたのはこれから3日前の3月22日。
【“無力の半日”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

まことに勝手ながら

しばらくお休みいたします。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

忘れたはずの過去

後の雁が先になる(あとのかりがさきになる)
雁が並んで飛んでいる様子から、(仕事、芸事上の)後輩が先輩を追い越したり、年の若い人が年上の人より先に死んだりした場合に言う。
いろんな諺がありますね、これも初めて知りました。
雁といえば「赤城の山も今宵限り」で有名な国定忠治のあの場面を思い出します。 【“忘れたはずの過去”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

自分の中の悪いヤツ

いきなりですが訂正です。
まず、今朝フジテレビのめざましテレビでアナウンサーが「被害をかぶった」と言っていましたが「被害をこうむった」の間違いでした。
「かぶった」も「こうむった」も「被った」と表記するために発生した誤読だと思われます。 【“自分の中の悪いヤツ”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

どういう自信

国破れて山河あり(くにやぶれてさんがあり)
国は滅んでしまったけれども山や川は昔のままに残っているということ。 【“どういう自信”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

まっすぐに生きる

今朝のめざましテレビのニュースで最高裁判所が裁判員制度の広報のために作った映画「裁判員~選ばれ、そして見えてきたもの(主演村上弘明)」の試写会が最高裁判所内の講堂であったと言ってました。
実はこれ、最高裁判所が広告会社(電通)に発注して作らせた映画なんですが、発注をしたときに契約書を作っていなかったといういわくつきの映画です。 【“まっすぐに生きる”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

なんも損はしていませんが

今朝仕事場のロッカーでこの事業所で2番目に偉い人と一緒になってしまいました。
(この人とはよく一緒になってしまう)
ふいに「へいたさんって○○出身ですか」と尋ねてきました。
「ハイ....あ、○○の隣の△△です。」と一回答えて考え直して「高校は○○です」と続けたら「知ってます、履歴書見ましたから」と言われてしまいました。 【“なんも損はしていませんが”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

カメの思い出

遠きは花の香(とおきははなのか)
これに続けて「近きは糞の香」と続けることもあります。
遠くにある時は花ように芳しい香りが漂ってくるような気がするけれども近くにあるとスッゲー臭い気がするという意味。 【“カメの思い出”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

パロッちゃえば?

この間福岡(だったっけ?)で森進一がコンサートをしてそこで「おふくろさん問題」についてステージ上でファンに謝罪したというのがニュースになっていましたね。
で、ファンへのインタビュー映像も流れていましたがその中に「歌はファンのもの」というような意見もありました(この辺うろ覚えで申し訳ありません)。
さて、そうなんかな~。 【“パロッちゃえば?”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

社会の呪縛

老いては子に従え(おいてはこにしたがえ)
年をとったら自分の子どもの言うようにしたほうがいいという意味。
これじゃああんまり芸がないんで「ある程度年をとったらなるべく早く後進に道を譲ったほうがいい」というような裏の意味を考えてみて実際のところどんなもんなんか検索かけてみたら意外な結果が! 【“社会の呪縛”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

声のマジック

仕事場の棚卸が終わりました。
本来は3月末にするんですが、なんつったってわが部署は貯蔵品が全くありませんから(グスッ)事務の人に言って早々と終わらせてしまいました。
で、この事務の人、女性なんですが多分50代半ばくらいじゃないかなあと思ってます。
で、この人がヒジョーにいい声をしてるんだ。 【“声のマジック”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

書けない日

火中の栗を拾う(かちゅうのくりをひろう)
火の中に入れた栗はいつはぜるか分からないのでそれを拾うのはとても危ないことから、自分の得にもならないのに危ないことをするという意味。
【“書けない日”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ほわいとで~

ホワイトデーです。
なんて言葉が今日は国内のブログで合計百万回くらい使われているはずです。
私が今年バレンタインデーにもらってしかも食べられたのは花子(小1)からもらったやつひとつだけ。
太郎(小4)は妻からもらったのが一個。
親子揃って不思議と人気がありません。 【“ほわいとで~”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

着歌なんて

昨夜妻の携帯の着歌が替わりました、と言うよりか替えました。
昨年携帯をドコモからソフトバンクに替えてそのときに着歌を「シンクロニシティ~素敵な偶然~(竹内まりや)」にしました。
そのうちに飽きてしまってシュープリームスの「恋はあせらず(原題You Can't Hurry Love)」にしたんですがイントロが静か過ぎて鳴っているのが分からないとクレームがつきました。 【“着歌なんて”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

もうひとつの別れ

駕篭に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人(かごにのるひと かつぐひと そのまたわらじをつくるひと)
世の中にはかごに乗る人、そのかごを担ぐ仕事をしている人、かごを担ぐ仕事をしている人のわらじを作る人と、いろんな境遇の人がいる。
みんなそれぞれの立場でお互いに関わりあっているという意味。
【“もうひとつの別れ”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

さようなら相棒

今日は予告していたとおり仕事でした。
普段は家を7時15分に出ています。
しかし休日(土日祝日)は8時にならないと門が開かないので今日は7時45分に家を出ました。 【“さようなら相棒”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ナイトミュージアムレポート

馬子にも衣装(まごにもいしょう)
どんな人間でもきれいに着飾ったらそれなりに立派に見えるもんだねという意味。
馬子っつうのは馬に荷物や人を運ばせるのを職業にしていた人たちのことです。
【“ナイトミュージアムレポート”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

空を飛べた朝

今日は朝から舞い上がっていました。
あんまり舞い上がりすぎて出勤中に車ごと浮かび上がってしまい警察やら消防が出てきて大騒ぎです。
何とか地上におろしてもらって事なきを得ました。
しかし厳重注意をされ減給(10%)1ヶ月の処分を受け大反省のへいたです。 【“空を飛べた朝”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

石の心

一銭を笑う者は一銭に泣く(いっせんをわらうものはいっせんになく)
現在は「一円を笑うものを一円に泣く」ともいいます。
わずかなお金だと思っても無駄にしてはいけない。
どんなつまらないものでも粗末にしないようにという意味ですね。
(↑へいたの新解釈) 【“石の心”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ミヤマキリシマの思い出

この間の日曜日(4日)火事があって応援部隊のメンバーとして一緒に働いている内田君が消防団で出動したそうです。
野焼きの火が燃え広がってどうしようもなくなってしまったというのが原因なんだと。 【“ミヤマキリシマの思い出”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

見せないプライド

妻が先週買ってきて植えたモクレンが二輪花開いてました。
と書こうとしたら本当はハクモクレンというのが正しいんだそうです。
モクレンというのは紫色をしていてハクモクレンとは別種。
40年間(正確には30年間)ずーっと白いのがモクレンだと思ってました。 【“見せないプライド”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

思い込んじゃったのね

得手に帆を揚げる(えてにほをあげる)
(船が進むのにいい風が吹いてきたときに帆をかけて出航したことから)自分の得意とすることを披露するチャンスがきて張り切ること。もしくは調子に乗ること。
略して「得手に帆(帆柱)」ともいうそうです。
似たのに「順風に帆を揚げる」「真帆に追風」「流れに棹」「得手に棒」などがあります。 【“思い込んじゃったのね”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

休みの総括

アア、いい天気。
暖かいですね~って言うか熱いですね。
風さえ弱ければ窓全部あけときたいトコなんですがあれこれ飛ばされてしまうので一部だけを開けています。
そうこういっているうちに桜咲くんちゃうか?
そうそう、今年九州はあんまり寒くなかったから桜咲くのが本州より遅いかもしれないといってましたね。 【“休みの総括”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

遅まきながら受験生にエールを

門前の小僧習わぬ経を読む(もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ)
お寺の近くに住んでいる子どもは僧侶たちの読むお経を聞いているうちに自然と覚えてしまう、つまり、いつも見たり聞いたりしていることはいつの間にか覚えてしまうということですね。 【“遅まきながら受験生にエールを”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

配偶者をなんと呼ぶ?

今日昼休みに妻が仕事場に電話してきました。
面接を受けたところから内定通知が来たという知らせでした。
おそらく10箇所くらい面接を受けたんじゃないかと思います。
3ヶ月間面接で落ち続けてようやく見つかりました。 【“配偶者をなんと呼ぶ?”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

なれない言葉

勇将の下に弱卒なし(ゆうしょうのもとにじゃくそつなし)」
強将の下に弱卒なし」とも言う。
大将が強くて勇気もあればその部下には弱いものはいないという意味。
ようするに上司がしっかりしていれば部下も自然といい働きをするということ。 【“なれない言葉”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。